お茶の苗植えをしました

3月下旬、お茶の苗植えをしました。 

品種は『はるみどり』です。 

 

根っこが乾かないように水でドロドロにした土を根っこにつけて植えます。 

 

ホーラーという道具で穴を掘り、そこに一本一本苗を植えていきます。 

 

広さは2反。苗は4千本。 

 

お手伝いの人を頼んで、我が家の子ども達にも声をかけたら友達も連れてきてくれて、 

大人5名 

子ども6名 

での苗植えとなりました。 

 

作業分担は

  • 穴をあける人・・・大人1人 
  • 泥をつけた苗を配る人・・・子ども3人(低学年の三男達) 
  • 植える人・・・大人2人、子ども3人(長男・次男・長男の友人) 
  • 植えた苗に水をあげる人・・・大人1人 
  • 苗を短く切り揃えて根に泥をつける人・・・大人1人 

 

一日でだいたい植え終わり、 

翌日は株元に”もみ殻”をまきました。 

 

保水と雑草よけを兼ねて撒いています。  

 

この幼木園でお茶が摘めるのは3年後。 

でも、ほんのちょっとです。 

 

立派な茶畑になり、本格的にお茶が採れるようになるまでには 

これから5年後です。 

 

しっかり根を張って、元気に育ってほしいですね!!