お茶をおいしく淹れよう!

ちょっとした一手間で、ビックリするほど美味しくなってしまう、

そんなちょっとしたワザをご紹介します!! 

1.お茶の葉の量

一人分は2~3g ご家庭にあるティースプーン山盛り1杯でその量になります。

 

2人分淹れるなら・・・・・ティースプーン2~3杯。

3人分淹れるなら・・・・・ティースプーン3~4杯。

 

※おひとり分しか淹れない時には、茶の葉の量は多めにして5g。(ティースプーンで2杯弱使いましょう。)

2.お湯の量

お湯の量をはかるのに便利な方法として、

お使いになる湯飲み茶わんを利用する方法があります。

 

   人数分の湯飲み茶碗の8分目まで湯を入れます。

 

こうすることで、人数ピッタリの湯を用意することができます。

更に、次の3.湯の温度の調整にも役立ち、

 

一石二鳥です。

3.お湯の温度

湯は一度沸騰させたものを冷まして使います。

 

湯の温度は普通煎茶は70℃~80℃

          高級茶は60℃~70℃ 

 

湯はポットや器に移すごとに10℃近く温度が下がります。

 

     ①やかんで沸かした湯をポットに移すと90℃。

     ②ポットから湯飲み茶わんに注いで80℃

     ③温度をさらに下げたいときにはまた別の器を用意してそれに移す。

 

このようにして、目標の温度まで下げます。

4.浸出時間

浸出時間も大切です。

湯の温度を下げるほど、時間を長くとるようにします。

 

目安として、 80℃・・・1分

         70℃・・・1分半

         60℃・・・2分

 

あくまで目安ですから、これを参考にしてみてください。

 

 

それから。

注ぐときには、1→2→3と茶碗に注いだら、3→2→1と返り、

これを数回繰り返します。

そして、最後の一滴まで注ぎ切ってください。